京葉銀行が設立されたのは1943年(昭和18年)で、70年以上も関東の金融機関の激戦区で生き残ってこれたのも、地元である千葉県の人々のことを常に考えて営業を続けてきたからです。京葉銀行では、地域に寄り添った金融機関でいることを経営理念に掲げ、「地域密着型金融推進計画」をもとに地域密着型金融を目指してきました。具体的な取り組み内容としては、千葉県内にある中小企業への融資や経営に関する事業支援といったサポート、商談会やビジネスマッチングなど企業同士を結びつけるイベントの開催などです。

また、海外進出を計画している企業の支援も行っています。地元の企業が販路を広げて収益力を伸ばせば、その活気が地域社会全体に広がり地域活性化に繋がります。こういった活動は、地元のことをよく理解していて地域との広い繋がりを持つ地域金融機関だからこそできることです。京葉銀行では、そのことをしっかり理解して積極的に取り組んでいます。

それ以外では、社会貢献活動として清掃活動やコンサートの開催、スポーツ振興のためバレーボール大会や野球大会の支援などを行っています。私たちと銀行の関わりは、金融サービスの利用で窓口に立ち寄ることしか思い浮かびませんが、実は様々な活動を通じて深い関わりがあるのです。

京葉銀行では、多くの人々に快適に銀行を利用してもらえるように、「やさしいお店づくり」を心掛けています。例えば、ベビーカーや車椅子でも入店しやすいように階段を無くすなどバリアフリーの店舗を増やしたり、目の日不自由な方のための音声誘導システムの設置、利用者の安全を考えて空気清浄システムを全営業店のATMコーナーに設置するなど、きめ細やかなサービスを提供しています。ちょっとしたことかもしれませんが、「あの銀行は心地よく利用できる」という印象があると次も利用したくなるものです。京葉銀行は、昔から応援してくれる人々のことを大切にしつつ、最新のサービスを導入しているので、いつ行っても温かみのある雰囲気と便利なサービスを実感できます。